香久山こどもクリニック

日進市香久山の小児科,アレルギー科 香久山こどもクリニック

〒470-0134 愛知県日進市香久山四丁目1105-1
TEL 052-800-8001

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

お知らせ

紫外線の浴び過ぎに注意しましょう!!


5月頃から夏にかけて紫外線が1年で最も強くなります。
屋外で走りまわることの多い子供たちは対策を考慮する必要があります。
紫外線を急に大量に浴びると急性炎症(やけど)を起こしたり、
免疫力を低下させたりします。
また何十年も経った後に皮膚がんや白内障などを引き起こすこともあります。


*****紫外線の浴び過ぎを防ぐために*****

◎紫外線の強い時間帯(午前10時~午後2時)の外遊びを控えましょう。
◎日陰を利用しましょう。
◎帽子・日傘・サングラスなどを使用しましょう。
◎衣服などで肌を覆うようにしましょう。
◎日焼け止めを使用しましょう
 
 

 

熱中症に気をつけましょう


気温・湿度が高かったり、風通しが悪かったり、陽ざしが強かったり

そんな環境において、体温調節機能がうまく働かなくなったり、
体内の水分・塩分のバランスが崩れると熱中症になります。

症状

重症度Ⅰ: 立ちくらみ、こむらがえり、筋肉痛、めまいなどの症状が表れます。

重症度Ⅱ: 悪化すると頭痛・吐き気・虚脱感・下痢などが起こります。

重症度Ⅲ: さらにすすむと、呼び掛けに反応せず、意識障害やけいれん・高体温になります。

治療

体調に異常を感じたら、

風通しのよい日陰や、涼しい室内に避難し、風をあてたり、濡れタオルで体を冷やしましょう。

食塩水やスポーツドリンクで、水分・塩分を補給しましょう。

横になる時は、脚を高くしましょう。

意識がなかったり、自力で水分が飲めない時は、医療機関を受診しましょう。

 

 
 

 

食中毒に気をつけましょう


【原因】
 
 (雑菌性)    サルモネラ菌・・・・・・・十分に加熱していない卵・肉・魚
          黄色ブドウ球菌・・・・・・ヒトの皮膚・鼻や口の中にいる菌
          腸炎ビブリオ菌・・・・・・生の魚や貝などの魚介類
          カンピロバクター・・・・・十分に加熱されていない肉(特に鶏肉)や
                          飲料水・生野菜・ペットからの感染もある
          腸官出血性大腸菌・・・・・十分に加熱されていない肉や、よく洗っていない
           (O157/O111)       野菜・井戸水やわき水
 (ウィルス性)  ノロウィルス・・・・・・・カキなどの二枚貝を生や十分加熱せず食べる
                          ウィルスに汚染された水道水や井戸水を飲む
 
【予防】 ◎ 手を洗いましょう
  • 食中毒を防ぐための3つのきまり
      つけない・・・・手や洗える食べ物はしっかり洗う
               まな板・包丁・食器を清潔にする
               肉や魚は他の食品と分けて保存する
 
      増やさない・・・生ものや作った料理は早く食べる
               残った料理は冷蔵庫に入れて保存する
               冷凍した食品は冷蔵庫内やレンジで解凍する
      
      やっつける・・・料理をする時は食材の中心まで熱が通るよう
               十分に加熱する
 


 

 

こどものおねしょ(夜尿症)について


*おねしょとは
  
  夜尿は小学1年生の15%に認められ、その数は年々減少し、
  15歳には1-2%になります。
  様子をみられても良いですが、お泊り行事があったり、お子さんが
  気にしている場合は病院に御相談下さい。
  又、昼間にも尿のおもらしがあったり、頻尿や「突然トイレに駆け込む」などの
  症状がある場合は、何らかの病気がひそんでいることもあります。


*原因について
 
  夜はトイレに行かないですむように、尿を濃くするホルモン(抗利尿ホルモン)が出ます。
  おねしょをするお子さんの中には、このホルモンの分泌が不十分だったり、
  尿をためる膀胱の大きさが小さい場合もあります。
  膀胱機能の発達の遅れ、眠りが深く膀胱がいっぱいになっても気づかない
  遺伝的要因なども原因として考えらます。

*対策として
 
 ① 寝る前に必ずトイレに行きましょう。
 ② 夕食後の水分摂取をひかえましょう。
 ③ 夕食の塩分をひかえましょう。
 ④ 朝、失敗していても叱ってはいけません。
   お子さんにも片付けを手伝わせましょう。
 ⑤ カレンダーなどに記録をつけるようにして、
   おねしょをしなかった日には、たくさん褒めましょう。
 ⑥ 便秘は治しましょう。