香久山こどもクリニック

日進市香久山の小児科,アレルギー科 香久山こどもクリニック

〒470-0134 愛知県日進市香久山四丁目1105-1
TEL 052-800-8001

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

お知らせ

こどものけいれん 基礎知識と家庭での対応法


Ⅰけいれんとは

急に白目をむいたり一点を見つめたりして、呼びかけても反応がなく、
顔色が悪くなっている場合、けいれんと考えられます。
それに対して急激な発熱に伴う「悪寒」は、けいれんではありません。
話しかけて視線が合ったり、泣いていたりするのであれば、
「悪寒」と考えられます。


Ⅱけいれんを起こした時の対応

けいれん中は寝かせて、衣服をゆるめ、吐物がのどに詰まらないように
顔を横に向けましょう。
発作中に、口にハンカチなどの物をかませてはいけません。
けいれんで舌を噛むことは普通はありません。
大抵は、数分以内に止まりますので、目を離さず付き添って、
けいれんが止まってから病院を受診して下さい。

①けいれんが5分以上続くか、2回以上、断続的に起こる
②体の一部だけのけいれんや、左右の差があるとき
③けいれんの後で、ぐったりして意識が戻らない
④熱がない状態でのけいれん

上記①~④が当てはまる場合は、すぐに救急車を呼びましょう。
けいれんの時の症状や、意識の有無、どんな時に起こりやすいか、が原因の鑑別に有効です。
診断には、血液検査や脳波検査、画像検査などが必要な場合もあります。


Ⅲ熱性けいれんとは

生後6カ月から6歳までの乳幼児で、発熱した当日、もしくは翌日に起こります。
突然視線が合わなくなったり、呼びかけに反応せず、
顔色が悪く、手足が左右対称に突っ張っていたり、
曲がった状態で力が入ってぴくんぴくんとした動きをします。
ほとんどは5分以内に自然に止まって、顔色もすぐに良くなります。
日本人の乳幼児で熱性けいれんを起こすのは10~20人に1人程度と言われてます。
両親や兄姉に熱性けいれんの既往歴があると起こす確率が上がります。
通常の熱性けいれんでは後遺症の心配はありませんが、2回以上のけいれんや
1回のけいれんが長かった場合は、予防について小児科医に相談して下さい。




 

こどものおねしょ(夜尿症)について


*おねしょとは
  
  夜尿は小学1年生の15%に認められ、その数は年々減少し、
  15歳には1-2%になります。
  様子をみられても良いですが、お泊り行事があったり、お子さんが
  気にしている場合は病院に御相談下さい。
  又、昼間にも尿のおもらしがあったり、頻尿や「突然トイレに駆け込む」などの
  症状がある場合は、何らかの病気がひそんでいることもあります。


*原因について
 
  夜はトイレに行かないですむように、尿を濃くするホルモン(抗利尿ホルモン)が出ます。
  おねしょをするお子さんの中には、このホルモンの分泌が不十分だったり、
  尿をためる膀胱の大きさが小さい場合もあります。
  膀胱機能の発達の遅れ、眠りが深く膀胱がいっぱいになっても気づかない
  遺伝的要因なども原因として考えらます。

*対策として
 
 ① 寝る前に必ずトイレに行きましょう。
 ② 夕食後の水分摂取をひかえましょう。
 ③ 夕食の塩分をひかえましょう。
 ④ 朝、失敗していても叱ってはいけません。
   お子さんにも片付けを手伝わせましょう。
 ⑤ カレンダーなどに記録をつけるようにして、
   おねしょをしなかった日には、たくさん褒めましょう。
 ⑥ 便秘は治しましょう。 


 

 

乳幼児の便秘について


便秘は乳幼児にもみられます。
排便が週に3回以下は便秘と考えますが、それ以上であっても、
痛みや出血を伴ったり、いきむ時に不自然な姿勢をとったりするようであれば便秘です。
何らかの病気によっておこる便秘もありますが、殆どは原因不明の体質的なものです。
便秘が長く続くと、便がたまっていることに腸が慣れてしまい、便秘はひどくなっていきます。
日常生活では早寝早起きを心がけ、朝食をゆっくり摂りましょう。
食物繊維の少ない食事やジュース・お菓子ばかり食べていると、便秘は改善されません。
生活習慣などの見直しだけで良くならない時は、薬による治療が必要です。
浣腸や薬は癖になるものではありません。
便をためないこと、出すときに痛みがないような硬さに保つことが大切です。
「便秘でない状態」を続けることが、便秘を治す早道となるでしょう。