香久山こどもクリニック

日進市香久山の小児科,アレルギー科 香久山こどもクリニック

〒470-0134 愛知県日進市香久山四丁目1105-1
TEL 052-800-8001

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

お知らせ

新型コロナウイルス感染症の正しい理解のために(日本医師会より)

①新型コロナウイルスの感染のしかたと感染力
 新型コロナウイルスの感染は、咳やくしゃみなどによる飛沫感染と
 ウイルスが付着したドアノブ、電車等のつり革に触ることによる接触感染があります。
 新型コロナウイルスの感染力は、現時点ではインフルエンザと同じ位と言われています。

②毎日の生活で気を付けること
 石鹸やアルコール消毒薬などでこまめに手洗いをしてください。
 咳やくしゃみをするときは、マスク、ハンカチ、タオルなどで口や鼻をおさえる
 「咳エチケット」を守りましょう。
 人混みでは特に注意しましょう。

③新型コロナウイルス感染症の診断と治療
 診断は、PCR検査のよるウイルス遺伝子の有無で行われます。
 治療は、現時点では特に有効な薬はなく対症療法が行われます。
 強いだるさ、息苦しさ、風邪症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く場合は
 感染が疑われます。
 その際には、お近くの保健所に設置されている 「帰国者・接触者相談センター」に相談して下さい。
 新型コロナウイルスの感染が疑われる場合には、センターから受診する医療機関についての案内があります。

④重症化する方の傾向
 現時点では、明らかではありません。
 しかし、高齢者や糖尿病、高血圧、喘息などの持病のある方は重症化する傾向があります。

⑤妊婦の方の注意点
 一般的に妊娠中は、通常の肺炎では重症化する可能性が指摘されていますが、
 今回の新型コロナウイルス感染症では現時点においてそのような報告はありません。
 ただし、石鹸やアルコール消毒薬での手洗いを心がけて下さい。

⑥廃棄物の取り扱いとリネン、衣類などの洗濯
 廃棄物の取扱い、リネン類、衣類などの洗濯は通常通りで良いことになっています。
 ただ、タオルなどは供用しないようにしましょう。

*インフルエンザ等の心配があるときには、念のためかかりつけ医等に電話などでご相談下さい。


厚生労働省の電話相談窓口
 電話番号 0120-565653
 受付時間  9:00~21:00まで
 

 


 

こどものおねしょ(夜尿症)について



*おねしょとは

夜尿は小学1年生の15%に認められ、その数は年々減少し、
15歳には1-2%になります。
様子をみられても良いですが、お泊り行事があったり、お子さんが
気にしている場合は病院に御相談下さい。
又、昼間にも尿のおもらしがあったり、頻尿や「突然トイレに駆け込む」などの
症状がある場合は、何らかの病気がひそんでいることもあります。


*原因について

夜はトイレに行かないですむように、尿を濃くするホルモン(抗利尿ホルモン)が出ます。
おねしょをするお子さんの中には、このホルモンの分泌が不十分だったり、
尿をためる膀胱の大きさが小さい場合もあります。
膀胱機能の発達の遅れ、眠りが深く膀胱がいっぱいになっても気づかない
遺伝的要因なども原因として考えらます。


*対策として

① 寝る前に必ずトイレに行きましょう。
② 夕食後の水分摂取をひかえましょう。
③ 夕食の塩分をひかえましょう。
④ 朝、失敗していても叱ってはいけません。
お子さんにも片付けを手伝わせましょう。
⑤ カレンダーなどに記録をつけるようにして、
おねしょをしなかった日には、たくさん褒めましょう。
⑥ 便秘は治しましょう。


 

 

乳幼児の便秘について


便秘は乳幼児にもみられます。
排便が週に3回以下は便秘と考えますが、それ以上であっても、
痛みや出血を伴ったり、いきむ時に不自然な姿勢をとったりするようであれば便秘です。

何らかの病気によっておこる便秘もありますが、殆どは原因不明の体質的なものです。
便秘が長く続くと、便がたまっていることに腸が慣れてしまい、便秘はひどくなっていきます。

日常生活では早寝早起きを心がけ、朝食をゆっくり摂りましょう。
食物繊維の少ない食事やジュース・お菓子ばかり食べていると、便秘は改善されません。

生活習慣などの見直しだけで良くならない時は、薬による治療が必要です。
浣腸や薬は癖になるものではありません。

便をためないこと、出すときに痛みがないような硬さに保つことが大切です。
「便秘でない状態」を続けることが、便秘を治す早道となるでしょう。
 


 

ノロウィルスによる胃腸炎について


嘔吐・下痢・発熱などの症状を認める胃腸風邪が流行っています。
ノロウィルスが原因となっている地域も多いようです。

**ノロウィルスは、生の二枚貝を食べて感染したり、調理者などの手を介して
ウィルスが付着した食品を食べて感染します。
毎年12月~2月頃に発生のピークを迎えます。
潜伏期間は24~48時間で、突然強い吐き気や激しい嘔吐・下痢などが出現します。
普通の食器用洗剤ではウィルスを死滅させることはできません。
塩素系漂白剤で消毒しましょう。

**ノロウィルスに感染しないために
①貝類の生食に気をつけましょう。
②貝類を食べるときは、85℃以上で1分以上加熱しましょう。
③手洗いを徹底しましょう。
④調理器具の消毒:85℃以上で1分以上、又は塩素系消毒剤に
5分~10分位浸して下さい。

**感染者の嘔吐物は、早めに処理しましょう。
①拭き取る。
使い捨てのマスク・手袋を着用し、ペーパータオルなどで囲んで拭き取って下さい。
②消毒する。
汚れた場所は水で約200倍に薄めた塩素系漂白剤で、浸すように拭いて消毒しましょう。
③処理の仕方。
使用したマスク・手袋などは、ビニール袋に入れて密閉して捨てましょう。
④手を洗いましょう。
石鹸を使って、しっかりと手を洗いましょう。
換気も十分にしましょう。
⑤嘔吐物で汚れた衣服などは、洗濯機で洗ってはいけません。
バケツなどに分別して水洗いし、85℃以上の湯か、水で200倍に薄めた塩素系漂白剤に
漬け置きして、よくすすぎましょう。

 

花粉・食物アレルギー症候群(PFS)について


花粉症の人が野菜や果物を食べると口の中がピリピリ痺れたり、
喉が痒くなることがあります。
花粉と野菜・果物のタンパク質の構造が似ている場合、交差反応を起こして
アレルギー症状をもたらします。

  これを花粉・食物アレルギー ( PFS ) といいます。
  口の中の軽い症状のみで治まることもありますが、
  喉の奥が腫れたり、吐き気、腹部の不快感、稀に呼吸困難などの
  アナフラキシーショックを起こすことがありあす。


≪ PFS ≫ になりやすい花粉と果物・野菜の組み合わせ      
 

 スギ
 
 トマト
 
 シラカンバ
 ハンノキ
 
 リンゴ・サクランボ・モモ・アーモンド
 セロリ・ニンジン・ジャガイモ・大豆
 ピーナッツ・キウイ・マンゴー
 

 
 オオアワガエリ
 ホソムギ
 
 メロン・スイカ・トマト・ジャガイモ
 キウイ・オレンジ・ピーナッツ
 
 ヨモギ
 
 セロリ・ニンジン・マンゴー
 
 ブタクサ
 
 メロン・スイカ・バナナ・ズッキーニ・キュウリ
 


**殆どの場合
   しっかり加熱すれば摂取しても症状は認めません。
   気になる症状のある方は医療機関に御相談下さい。